社名の由来

mame1.jpg
    

 

昔、煮豆や惣菜を手作りし、主商品として販売しておりました。

 

 

当時、その金時豆の中で一番高級で美味しいのが、

 

 

「紅金時豆(べにきんときまめ)」とされておりました。

 

 

この高級で最高の豆を目指すという意味を込め、

 

 

「紅金商店」という社名をつけたのです。